News

お知らせ

一般社団法人Fintech協会とシンガポールフィンテック協会が覚書を締結 (Fintech Association of Japan concluded a memorandum of understanding with Singapore FinTech Association)

by admin (Administrator)
on 2018.03.23

※English follows Japanese

一般社団法人Fintech協会(東京都港区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/ナタリー 志織 フレミング)は、2018年3月13日、シンガポールのフィンテック団体である、Singapore Fintech Association (SFA)と相互支援に関する覚書(MOU)を締結しました。今後は各国相互間のフィンテックエコシステムの向上に向けて協力をしてまいります。

今回の覚書によって、両協会は共同プロジェクトなどを通じてフィンテックのさらなるイノベーションと発展をサポートすることとなります。我が国のフィンテック業界の認知度向上、日系フィンテック企業のアジア諸国への進出拠点としてのシンガポール展開にも寄与することになります。協会同士が情報や知識を共有することによって、両協会の会員とってさらに国際的なビジネス展開の機会が増えることが期待されます。

覚書の署名は、3月13日にシンガポールで開催されたMoney 20/20 AsiaにてFintech協会が主催した懇親会の場で両協会代表によって和やかに行われました。

SFA代表のChia Hock Lai氏は、「両協会のパートナーシップによって、シンガポールと日本、二つのフィンテックコミュニティの架け橋となるであろう。」と述べました。

Fintech協会の共同代表理事ナタリー志織フレミング氏は、「今回SFAと覚書を結ぶことになり、Fintech協会のグローバルネットワークがさらに広がることをとても嬉しく思います。シンガポールのフィンテックコミュニティとの関係を深めることで、二つの市場におけるシナジーが強くなることを期待しています。」と述べました。

Fintech協会はこれまでもルクセンブルク・ハウス・オブ・フィンテックやBahrain FinTech Bayとも友好協定を結んでおり、今後も世界各国のフィンテックコミュニティとの関係を深める予定です。

【Singapore FinTech Associationについて】

Singapore FinTech Association(SFA)はフィンテックエコシステムに関連する当事者全てを繋げることを企図した非営利団体です。会員数は125名を超え、アーリーステージのスタートアップ企業から大規模な金融機関やサービスプロバイダなど多岐に渡ります。SFAはフィンテックに関連するシンガポール国内外の諸団体と連携しています。

http://SingaporeFinTech.org

【Fintech協会について】

一般社団法人Fintech協会は2015年9月に設立され、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力のための活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、Fintech市場の活性化および世界の金融業界における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的として活動しています。

https://www.fintechjapan.org

Fintech Association of Japan (Minato City, Tokyo. Representative Directors: Hiroki Maruyama / Yasuhiro Kimura / Natalie Shiori Fleming) concluded a memorandum of understanding (MOU) with Singapore FinTech Association (SFA) on March 13, 2018.  We will offer mutual support for the improvement of the Fintech ecosystem.

Through collaborative projects, we will offer mutual support for the further innovations and advancement of Fintech industry.  At the same time, we will contribute to Fintech industry by improving recognition of Japan’s Fintech industry in the world and by being Japanese Fintech companies’ hub for making inroads in Asia.  By sharing information and knowledge, we expect there will be more international business opportunities for the members of each association.

The representative of each association signed the memorandum amicably on March 13 at a social gathering hosted by Fintech Association of Japan at Money 20/20 Asia, an event held in Singapore.

We have concluded a memorandum of understanding with Luxemburg House of Financial Technology (the LHoFT) and Bahrain FinTech Bay in the past.  We hope to cultivate positive relations with other Fintech communities around the world in the future as well.

【About Singapore FinTech Association】
Singapore FinTech Association (SFA) is a nonprofit organization intended to connect all participants in the Fintech ecosystem.  The association has more than 125 members including early-stage startups, large financial institutions and service providers.  SFA cooperates with various Fintech organizations in and out of Singapore.
http://SingaporeFinTech.org

【About Fintech Association of Japan】
Fintech Association of Japan, established in September 2015, promotes open innovation in the Japanese Fintech industry by creating networking opportunities for its members, researching emerging market trends, and cooperating with domestic, international, and government organizations.  The association promotes the Japanese Fintech ecosystem abroad and encourages the exchange of information internationally.
https://www.fintechjapan.org