News

お知らせ

一般社団法人Fintech協会とFinTech Association of Sri Lankaが覚書を締結

by admin (Administrator)
on 2019.10.16

※English follows Japanese

一般社団法人Fintech協会(東京都中央区、代表理事:丸山 弘毅/木村 康宏/ナタリー 志織 フレミング)は、2019年10月7日、スリランカのフィンテック団体である、FinTech Association of Sri Lanka(FASL)と相互支援に関する覚書(MOU)を締結しました。今後も各国相互間のフィンテックエコシステムの向上に向けて協力をしてまいります。

【FinTech Association of Sri Lankaについて】
FinTech Association of Sri Lanka(FASL)は、スリランカおよびFinTechのグローバルコミュニティを代表する、FinTechセクターの開発、イノベーション、投資を支援する独立した非営利の業界横断型組織です。
http://www.srilankafintech.org/

【Fintech協会について】
一般社団法人Fintech協会は2015年9月に設立され、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力のための活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、Fintech市場の活性化および世界の金融業界における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的として活動しています。
https://www.fintechjapan.org

Fintech Association of Japan (Chuo City, Tokyo. Representative Directors: Hiroki Maruyama / Yasuhiro Kimura / Natalie Shiori Fleming) concluded a memorandum of understanding (MOU) with FinTech Association of Sri Lanka (FASL) on October 7, 2019. We will offer mutual support for the improvement of the Fintech ecosystem.

【About FinTech Association of Sri Lanka】
FinTech Association of Sri Lanka (FASL) is an independent, not-for-profit, and cross-industry organisation representing Sri Lankan and global FinTech community to support the development, innovation and investment in the FinTech sector.
http://www.srilankafintech.org/

【About Fintech Association of Japan】
Fintech Association of Japan, established in September 2015, promotes open innovation in the Japanese Fintech industry by creating networking opportunities for its members, researching emerging market trends, and cooperating with domestic, international, and government organizations. The association promotes the Japanese Fintech ecosystem abroad and encourages the exchange of information internationally.

Top